平成9月30日日曜日台風…

平成9月30日日曜日台風が近づく中、埼玉県川口東中学校に行ってきました。 野球部の部員とそのご家族ににカスタムメイドのマウスガードの必要性について説明するためです。
今年の夏の甲子園の華、マウスピース王子こと金足農高の吉田選手の白いマウスガードが話題になりましたが、野球は意外に怪我が多いのです。
ボールが当たる 
人に衝突する
 相手の手足が当たる
どれも防ぎようがない事故で、重傷なケースになることもあります。
特に頭頚部の怪我は命取りとなります。
スポーツは安全に行うことが大切です。自分の体を壊してしまっては元も子もありません。 永久歯は一度失うともう生えて来ません。折れてしまっても再生しません。
野球で失う歯は圧倒的に上顎の前歯です。
食べる、話す、表情を作るなどの働きが失われてしまいます。 また、頭を守るためにも歯・口そして顎をケガしないようにしましょう。

マウスガードは、スポーツ中に起こる歯や口のケガを未然に防ぐお口のプロテクター(安全具)です。 小さいながらも安全にスポーツすることにつながります。
野球部顧問の武田先生は熱血野球一筋の社会科の先生です。
以前、先生が赴任した先での野球部で、『マウスガードをしていたら怪我がもっと軽減できたのではないか?』そう思える経験をされました。 だからこそ今受け持っている生徒たちを大きな怪我から守ってやりたい。 生徒のためなら何でもやる。どこにでも行く。本当に生徒思いの素晴らしい先生です。

先生のすごいところはまだまだあります。
武田先生は10年後の野球界のために、川口野球人口増加プロジェクトを立ち上げ、サークルベースボールを作りました。 確かに中学校の軟式野球人口は激減の一途を辿っている。2009年から比較して、2016年では4割減です。 全日本軟式野球連盟に登録の小学生のチームも、最近5年間で200チームほど減少しています。
『野球の楽しさを実体験として、未就学児に伝えていく必要がある。』 この危機を何とかしようと、先生は頑張っています。
またこうした活動は社会的にも西武ライオンズ、横浜DeNAベイスターズなどのプロの球団や、ミズノなどのスポーツメーカーなどが、野球人口を増やそうと様々な取り組みをしています。  
中体連(中学校体育連盟)の調査   

サークルベースボールとは? 野球をやったことがない子どもたちに、できるだけ安全なかたちで楽しく遊べるベースボール型のレクレーションです。
放課後の遊びとして普及させ、少年野球への入団や中学校での野球部入部へのきっかけつくりをしています。
サークルベースボールのルールは子供が楽しめるルールだから三振なし!

個人戦ルール
①投手はサークル内から打ちやすいボールを投げる。(三振はなし)
②バッターは打ったら3段階(5m間隔)のマーカーまで走る。
③手前のマーカーから1点・2点・3点として往復すると加算されていく。打ったボールがサークルに戻ってくるまで何点加算されるかカウントする。
④守備側はバッターが打ったボールを捕って、投手サークルにボールを運んだらアウトとする。
⑤1人1アウト交代で7イニング行う。

チーム戦ルール
①投手はサークル内から打ちやすいボールを投げる。(三振はなし)
②バッターは打ったら3段階(5m間隔)のマーカーまで走る。
③手前のマーカーから1点・2点・3点として往復すると加算されていく。打ったボールをサークルに戻ってくるまで何点加算されるかカウントする。
④守備側はバッターが打ったボールを捕って、投手サークルにボールを運んだらアウトとする。
⑤チーム全員が打ったらチェンジとして、7イニング行う。
http://www.pearl-shika.com/diaryblog/archives/1212

こんにちわ!  スタッ…

こんにちわ! 
スタッフのおおともです😊 。
私は受付や、歯科助手として診療アシスタントをしています。

最近暗くなるのも早くなってきて、冬が近付いてきた感じがします。
気温も朝晩下がり、お子さんも風邪やインフルエンザが流行する季節がもうすぐ、やってきそうですね。

そんな時、お家でも除菌できるスプレー!アクアサニターをご紹介します。
アクアサニターと、言われても何がいいのか、分かりませんよね。

一言で言えば、アクアサニターは、何にでも使えてしまう除菌スプレー(微酸性電解水)なんです!
例えば、手指の消毒、トイレや部屋などの空間除菌、キッチン用品や食品の除菌、お子様のおもちゃやスポーツ用品の除菌、汗じみた衣類の消臭、ペットの消臭、etc。

パール歯科クリニックでは、院内感染予防で、アクアサニタ―を使用し、室内空間、家具、診療台、あらゆるところの除菌を行っています。

そして、その貴重な電解水をご家庭でも使いやすように、除菌スプレーとして販売しています。(#^^#) ボトル付きで1本1000円(税抜き)です。電解水が無くなりましたらボトルをお持ちください。800円でお分けします。

アクアサニタ―は、当院の待合室の受付台に飾ってあるので、是非一度お手に取り、お試しください。
アクアサニターのことでわからないことがあれば、スタッフにお尋ねください!!

《アクアサニターの特長 》

医療用(歯科医用など)としても使用可能な強力な除菌効果 アクアサニター(微酸性電解水)の除菌力は、次亜塩素酸ナトリウムの80倍も強力。ほとんどの菌が約1分間で完全に除菌され、サッと水に戻ります。
細菌だけでなく、ウィルスなどもすばやく除菌します。
しかも除菌力は絶大で、エタノールや次亜塩素酸ナトリウム製の一般的な消毒薬では効きにくい菌なども短時間に除菌する力を持っています。

素肌と同じpHなので取り扱いが簡単 pH5.0~6.5の素肌にやさしい微酸性。
除菌力の高い薬剤は危険性も高いというのが一般的ですが、アクアサニター(微酸性電解水)は有機物に接触すると即分解して水になるので、取り扱いが簡単で安全。
もちろん手荒れもなく、人と地球環境に優しい除菌水です。お子様やペットへの影響もありません。

塩素濃度とpHは、食品添加物の指定範囲内です。 有効塩素濃度:10~80mg/kg (ppm) pH:5.0~6.5。 アクアサニターの有効成分(HCIO)の割合 食品にも使える除菌水なので人にも環境にも安全 厚生労働省から食品添加物として認定を受けた除菌水なので、直接食べ物にかけてそれを摂取しても、人体に全く問題ありません。
学校給食の調理現場での使用が許可されています。
また、一般細菌やウィルス対策に最適で、多剤耐性菌、新型ウィルスにも効果的です。 ※飲用ではありませんが、飲んでも人体に全く影響はありません。
http://www.pearl-shika.com/diaryblog/archives/1219

「JK」はじめ、全く…

「JK」はじめ、全く分からなかった言葉。 若いスタッフに聞いて初めて理解した。 JK=女子高生 パール歯科クリニックに通院している女子高生の多くは、小学生の頃から定期的に検診で通院している子が多い。 とても嬉しい事です。 高校生ともなれば虫歯の発生率は、文部科学省が2016年12月に発表した「学校保健統計調査」によれば、5割の女子がむし歯になっている。 そのうち2割の女子は治療をしてない新たなむし歯を作っている。 理由は確定できないが、女子はとかく甘い物が好きと言われています。高校生ともなれば、友達と楽しく様々なところに行き、流行りの新しいものを口にして、会話を楽しんでいる年頃です。 歯ブラシもわかってはいるけど、勉強が、部活が、遊びが、と精一杯頑張り、疲れ果て寝てしまう日々。親が言ってくれてはいるけど、うざい。虫歯になってもおかしくない生活です。 だからこそ、当院に通院する女子高生は素晴らしいと思います。 「何故通院するの?」 「痛いのもう嫌だもん。」 「先生言ってたじゃん。歯は宝石だって。」 嬉しいですねー。心に残ってる歯の大切さ。 いつまでも心に残って欲しい。 そんな歯を宝石と思ってくれているJKもお年頃。薄っすらお化粧してオシャレを楽しんでいます。 ホワイトニングはオシャレを楽し見始めたJKにとって魅力的なオシャレです。 歯を白くする事は、印象を良くする事が分かっているのです。 でもちょと高い。 パール歯科クリニックのホワイトニングはオシャレを始めたJKを応援するため、お手軽な値段で体験できるようにしました。 歯に優しいポリリン酸配合のホワイトニング材とレーザーを使用する事で値段を30分で一回3000円と低価格に設定できました。 自分のお小遣いで楽しめるホワイトニング。 是非お試しあれ。 当院に通院する女子高生JKもホワイトニングをたのしんでいます。 歯が白いと、リップの色も映え、とても美しい顔だちの印象に見えます。 歯を白くして、自分磨きしませんか?
http://www.pearl-shika.com/diaryblog/archives/1207

2018年9月24日 K-1 …

2018年9月24日 K-1 ワールドグランプリ 初代クルーザー級王座決定トーナメンントに出場したブライアン ミクグラス選手、残念ながら敗退となりましたが、奮闘しました。

普段80キロのライトヘビー級で戦っているブライアン選手にとっては90キロのK-1はそうときつかった事と思います。 身長も体重も、出場8選手の中で一番小さく、ムエタイ・キックボクシングでは可能な得意技はK-1では使えず、本当に大変だったと思います。

ブライアン ミクグラス選手はWPMF日本ライトヘビー級王者です。本当は強いんです。
K-1での経験がさらに闘志を燃やす材料となり、次につなげる経験となったことでしょう。

スペシャルゲストの関根勉さんに郷ひろみに似ていると言われていましたが、たしかに似ているなと思います。
実物をまじかにした私は、仕事以外になると、素敵すぎて倒れそうになります。

マウスガード制作を通して、選手と様々なことを会話していくうちに、その人の魅力や思いを知ると、本当に心から応援したくなるものですね。
試合当日、ブライアン選手が花道を通るとき、試合で打ち合いをしている時、もう胸がドキドキで、どうか怪我しませんようにと祈るばかりで、指と指の隙間から怖くてそーっと見ていました。
打たれても立ち上がり、奮闘する姿を見ると、指の隙間から見ていた私も、

『ブライアン、頑張れ!ブライアン!』

といつの間にか大きな声で叫んでいました。 一所懸命に何かに向かうから恰好いい。それが負けたといても、格好いい。
ブライアン選手応援し続けます。

ブライアン選手のマウスガード制作にあたり、当院に協力をさせていただけるチャンスをくれたのは大学の同級生の歯科医永井先生です。
永井晃先生は群馬県利根郡川場村永井歯科の院長先生です。
永井先生はプロのキックボクシングの選手として頑張っていた時代があり、多くのキックの選手たちを今現在上州松井ジムで松井会長とともにサポートしています。
現在キックボクシングの選手たちが使用しているマウスガードは殆ど既製品で、自分の体にフィットしてないものが多く怪我が多いいです。
こうした現状を踏まえて、キックボクシングで頑張っている選手たちの安全を図るために、永井先生は既製品のマウスガードではなく、歯科医が作成したオールハンドメイドのカスタムメイドマウスガードの普及、装着活動をして頑張っています。

現在スポーツ歯科認定医、スポーツデンティスとと言う専門家たちの人数は少なく、スポーツをする選手やアスリートたちへの普及が追い付かないのが現状と私は思います。
だからこそ、その重要性を知っている選手たちの身近にいる一般臨床歯科医GPが協力してマウスガード装着の重要性を広めてゆく必要があると私は思います。
選手のことを誰よりも知っている一般臨床歯科医こそ立派なスポーツデンテイストであり、アントラージュです。
マウスガードの本来の目的は主に3つです。
①お口、歯の怪我を軽減、予防。
②体のバランスを整え、運動機能を向上。
③脳震盪の軽減、予防

選手、アスリート達の安全、対策、意識向上のためにも下高井戸パール歯科クリニック・世田谷はカスタムメイドマウスガードを勧めます。

http://www.pearl-shika.com/diaryblog/archives/1194

スタッフの辰己です☆ …

スタッフの辰己です☆ 先日元スタッフと連絡を取り合っていた時の話・・・ 詰めものが取れてしまってパール行くよ~と連絡がありました。 パールで会うことは叶いませんでしたが、 治療がどうだったとか色々と話していて 「離れてみてパールの良さがわかった気がする」という話になりました。 私も結婚を機に神奈川に引っ越し、産後すぐの頃 最寄り駅近くの歯医者をホームページ等見て選び行きました。 ただ、パールで働いていた私は歯科医院の基準がパールになっていたようで、 その歯科医院では治療することへの説明が少なく、 口腔内カメラ等で自分の状態を見ることもなく 先生が話を進めていくことに対し 「え!?レントゲンも取らずに歯を削って詰めものする話!? え!?そんなやばいの!?どうなってるの?」 と不信感をもってしまい、結局パールで治療してもらうことにしました。 パールで細かくレントゲンを撮ったり写真を撮って 自分の目で部位を確認して納得することが出来ました。 元スタッフもお金払って治療するならしっかり納得してやりたいよね。 しっかりやってくれる先生にお願いしたいから 結局パールに行くことにしたと言っていました。 世の中コンビニより歯科医院の数が多いと言われています。 患者さん本人が選んで通院するのが当たり前の時代ですよね('◇') パールの雰囲気や考えが合う方・合わない方がいらっしゃると思いますが、 先生がしっかり納得するまで説明してくれたり、 治療の工程を写真で見せてくれて話をしてれたりと 納得してやりたい方・子供をみてもらおうと思う親御さんには とてもいい歯科医院だと自信をもって友人にも色んな人におススメします\(^o^)/ 皆さん家から近いことも大切ですが、 自分に合う歯科医院・病院を選んでくださいね('ω')
http://www.pearl-shika.com/diaryblog/archives/1199

昨日、ニュースで元巨…

昨日、ニュースで元巨人軍投手桑田真澄氏が、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手の右肘靱帯に見つかった損傷について、語っていた応援内容が素晴らしかった。 桑田氏は大谷選手を 「彼は20年、主力として戦える選手。この1年を棒に振っても後の20年を考えて、勇気を持って手術をしてもらいたい。 治療をするとどうしても、過去の状態の良い自分に戻れると錯覚してしまう。 そうではなく、手術によって得ることが出来た新たな自分を受け入れる事が大事です。」 と語っていました。 歯科の治療の現場でもよく言われるます。 「前と同じでは無い。」 特に前歯は、治療によっておこるリスク、例えば歯根が見える、しみる、冷たいのが痛いなどなどいい出したらきりが無い。 新しい自分になると思う事で、前と違う事が受け入れられようになる。 治療する側も治療受けた側も、新しい自分になる勇気が必要だと今更ながら桑田氏から教えてもらいました。 素敵ですね。 歯科医院で、新しい自分になる。 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷は新たな自分へのご提案をさせていただきます。
http://www.pearl-shika.com/diaryblog/archives/1184